2021年下半期さらにヒットしそうなアーティスト
TOP10

  1. すとぷり
  2. YOASOBI
  3. Ado
  4. ヨルシカ
  5. Eve
  6. ずっと真夜中でいいのに。
  7. DISH//
  8. 緑黄色社会
  9. 優里
  10. マカロニえんぴつ

総評

TikTokやYouTubeなどの動画プラットフォームや、SpotifyやApple Musicなど音楽サブスクリプションサービス発のヒットが目立つ2021年。今や、CDのチャートではなく、サブスクリプションサービスのランキングに注目することが当たり前になってきました。そんなネット時代の音楽、10代は何を聞いているのでしょうか。10代が「2021年下半期さらにヒットしそう」と予想する人気のアーティストを調査しました。

1位 すとぷり

YouTubeを中心に活躍する6人組ユニット「すとぷり」が堂々の第1位になりました!歌やゲーム実況を配信するユニットで、2020年にリリースされた3rdフルアルバム『Strawberry Prince』がオリコンウィクリーアルバムランキング1位を獲得するなど、高い人気を誇ります。「ファンが喜んでくれそうなことをたくさんやってくれて、たくさんの笑顔と笑いを届けてくれる」「メンバーそれぞれの個性が豊かで歌が本当に上手」「ファンを楽しませるためならなんでも挑戦する所がステキ」と、楽曲だけではなくファン思いの姿にも魅了されますね。

2位 YOASOBI

CMやテレビ番組でのタイアップが続く、2人組音楽ユニット「YOASOBI」が2位にランクイン。デビュー曲「夜に駆ける」は、TikTokでの拡散をきっかけに、ミュージックビデオが2億回を突破。日本の音楽シーンを席巻しました。「歌詞とリズムが中毒になる」「物語を歌詞の題材にするという点がどこか新しい」などの声があり、独特な甘い歌声とテンポの良さが人気のようです。2021年、ますます人気加速が期待されます!

3位 Ado

若者の声を代弁して大ヒットしている楽曲『うっせぇわ』で有名な「Ado」が3位にランクイン! Simejiユーザーの同世代でもある、18歳の歌い手。2020年10月にリリースしたメジャーデビュー曲『うっせぇわ』は、ミュージックビデオ・ストリーミングの累計再生数が公開から5ヶ月で1億回をダブルで突破。社会現象ともなりました。「顔を見せずに歌っているから気になる」「力強い歌声」「「声がかっこいい!」「いい声で心に残る」と個性ある歌声が印象的なようです。

4位 ヨルシカ

ボーカロイドクリエイターの”n-buna(ナブナ)”がボーカル”suis(スイ)”を迎えて結成したバンド。ギターのサウンドと透明感のある歌声が印象的なアーティストです。「心を落ち着かせたい時に聞くととても心に染みる」「聞くと心がホッとする」といった声がよせられました。バンドがつくる世界観に浸ってみてはいかがでしょうか。

5位 Eve

話題のアニメ「呪術廻戦」の主題歌『廻廻奇譚』がヒット中の「Eve」が第5位に登場!『廻廻奇譚』はストリーミング、ミュージックビデオともに1億回再生を突破し、話題沸騰中。Eveは、歌い手、ボカロPとしての顔のほか、デザイナーとしても活動しています。「神曲が多いから聞いたら惚れます」「呪術廻戦の主題歌を歌うと聞いてからもっと好きになりました」など、アニメ「呪術廻戦」をきっかけに好きになったという方が多いようです。

6位 ずっと真夜中でいいのに。

作詞、作曲、ボーカルを担当する”ACAね”をフロントに置く「特定の形を持たないバンド」。YouTube公式チャンネルの登録者数は170万人、今年2月に発売された2ndフルアルバム『ぐされ』もオリコン週間チャート2位を獲得するなど、話題を提供し続けています。「歌詞と世界観が独特」「歌声が透き通っていてきれい」と、その歌声を評価するほか、「『約束のネバーランド』の主題歌を歌っていたから」など、アニメのタイアップ曲から親しみを持つ方もいるようです。

7位 DISH//

俳優としても活動する「北村匠海」がボーカルを務める、演奏しながら歌って踊る4人組ダンスロックバンド「DISH//」。2020年YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で公開された『猫』の歌唱映像が話題となり動画再生数1億回を突破、大ヒットとなりました。2021年下半期の活躍をますます期待されるアーティストです!

8位 緑黄色社会

「リョクシャカ」の愛称で親しまれる、愛知県出身の4人組バンド「緑黄色社会」が8位にランクイン! 2020年、アニメ「僕のヒーローアカデミア」のエンディングテーマとなった『Shout Baby』はUSEN3チャート同時1位を記録。透明かつ力強い歌声と、個性あるメンバー全員が作曲に携わって生まれる曲のバリエーションが魅力のようです。「毎日のように聞いている」「曲がいい!最高。聞いていると落ち着く」と、10代が熱中している様子がうかがえました。

9位 優里

シンガーソングライター優里がTOP10入り!ストリーミング再生2億回突破した(※)シングル『ドライフラワー』をリリースすると「THE FIRST TAKE」への登場をうけて一気に楽曲が拡散しました。「歌声が綺麗なうえに明るい」「声が良くてこれからも伸びると思う」との意見もあり、今後のさらなる活躍に注目です!
※2021.4.19付「オリコン週間ストリーミングランキング」より

10位 マカロニえんぴつ

はっとり(Vo/Gt)、高野賢也(Cho/Ba)、田辺由明(Cho/Gt)、長谷川大喜(Cho/Key)のメンバー全員が音大出身のロックバンド「マカロニえんぴつ」。エモーショナルな歌声と、キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドが魅力です。「ミュージックビデオがおしゃれ」「歌詞の内容に共感できる」といった声がよせられました!

Simejiランキングとは

ユーザーの皆様が持つ最新トレンドを積極的に発信し、もっとたくさんの人に広めたい思いから始まったSimejiランキング。
アプリ上でアンケートを実施し、その結果データをランキング化したり、利用統計などから選出したものです。
今後もSimejiランキングは、面白くて楽しいランキングデータを提供してまいります。
次回のSimejiランキングをお楽しみに!