決定!壁ドンネクスト
壁ドンを超えるシチュエーションTOP10

  1. バックハグ
  2. 床ドン
  3. 肩ズン
  4. 顎クイ
  5. 頭突き
  6. 肘ドン
  7. 腕ゴール
  8. 指チュウ
  9. デコツン
  10. 足ドン

総評

気分が最も開放的になるであろう夏。Simejiトレンドリサーチチームは、リアル恋愛世代のティーンが真に求める恋愛シチュエーションについて調査いたしました。今回特筆すべきは男女別の集計結果でも5位までが男女ともに完全に一致した点です。想いが一致。2019年夏はティーンにとって「恋愛当たり年」と言えるのでは無いでしょうか。

1位は後ろから抱きつかれる「バックハグ」。いわゆる「なろ抱き」です。包容力は、経済力でも精神力でもない。抱きつき力であることがわかります。

2位は仰向けで寝ているところを上から「床ドン」。じゃれあっていた状態から不意にそうなる、という流れがベストのようです。肩を抑えてカウントしてしまうと「ピンフォール」になるので注意が必要です。

3位は肩に頭をもたれかける「肩ズン」。壁やら床やらドンドンとやんちゃな彼でも、たまには甘えさせてあげたくなるものです。

4位は「顎クイ」。乙女ゲームの真骨頂ともいえるシチュエーションですが、男性もこのポーズに挑戦したいと考える人が少なく無いのは興味深いですね。

5位は「頭突き」。互いのおでことおでこでそっと触れ合うことです。ヘッドバットではありません。「あれ?熱っぽい?どれどれ。」のような流れです。

6位は肘から下全体を使った「肘ドン」。両手を使って相手を壁にロックする技で「より近い壁ドン」という位置付けです。
なお男性ランキングの6位は「デコツン」でした。

7位は「腕ゴール」。逃げる相手を片腕で引き止め抱き寄せます。腕を当ててしまうと「ラリアット」になってしまいます。
なお男性ランキングの7位は「肘ドン」でした。

8位は「指チュウ」。人差し指や親指などを間に挟む指越しのキスであり、じらし技の1つです。

9位は「デコツン」。おでこを指でツンです。他の技より比較的実現性が高いシチュエーションのように感じますが、繰り出すタイミングが測りにくいかもしれませんね。
なお男性ランキングの9位は「腕ゴール」でした。

10位は「足ドン」。手が使えない前提のため両手をポケットに入れるなど、ちょっと悪っぽい雰囲気になる技です。その悪っぽさにティーン心がくすぐられるのかもしれません。

なお、調査チームの希望で選択肢に入れた「にのツン」(二の腕をツンツンする)は、選外でした。

ちなみに今回自由回答欄で、みきもと 凛氏の漫画作品より2技回答をいただきました。ひとつは「カーテンの刑」です。
『きょうのキラ君』で有名なシーンで、腕を掴んで強引にカーテンに引き込みキスするという難易度の高さです。中川大志ほどの腕の長さがほしいところです。
もうひとつは『午前0時、キスしに来てよ』より「鼻カプ」。こちらはあくまで鼻をかじるだけの「キスの予約行為」という位置付け。我こそはというGENERATIONS片寄涼太並みのカリスマ性を持つ猛者は、予約希望対象者の同意の上お試しください!

Simejiランキングとは

ユーザーの皆様が持つ最新トレンドを積極的に発信し、もっとたくさんの人に広めたい思いから始まったSimejiランキング。 アプリ上でアンケートを実施し、その結果データをランキング化したり、利用統計などから選出したものです。
今後もSimejiランキングは、面白くて楽しいランキングデータを提供してまいります。
次回のSimejiランキングをお楽しみに!