Simejiは危険(なアプリ)ですか?というご質問について

Simejiは「フルアクセス」を求めてくる危険なアプリですか?というご質問をいただくことがあります。

そもそもフルアクセスって何?

フルアクセスとは、
Apple以外のサードパーティ製のキーボード開発者が、iPhoneやiPadなどの端末の保存領域にアクセスしたり、キーボードアプリを介してインターネットに接続するために必要な権限のことです。
ネットワーク接続を許可すると、Appleは主体的にユーザーの入力情報を管理できなくなります。

この状況はAppleからみると
「フルアクセスを許可すると、このキーボードの開発元に過去にこのキーボードを使用して入力した内容を含めたすべての入力内容を転送することを許可(略:フルアクセス許可時にAppleが表示する警告文)」
とことになります。起こりうる最大の状況をユーザーに認識してもらうことで、OS開発元はこの機能を通して起こるかもしれない問題は管理できない、という事実を伝えているのです。

しかし、「フルアクセスできる状態=入力情報がすべて漏れだしてしまう状態」ではありません。
Simejiはフルアクセス許可時、一部のユーザー情報を取得します。
たとえばユニークユーザーを確定するためのベンダーID(開発者側で適宜割り当てるID)や、ユーザーが利用しているアプリのバーションなどです。

Simejiはこの機能を活用する責任をしっかり認識し、ユーザーが安心して活用できる管理運用体制作りに取り組んでいます。
くわしくはFAQ(https://simeji.me/blog/faq_ios)をごらんください。

また、iOS(iPhone)では、ユーザーの情報を無断で横取りするような行為に使われるプログラム方法は、予めアプリ作りに利用できないしくみになっています。

では、Simejiは必ずフルアクセスをONにしないと使えないの?

フルアクセスをONにしなくてもSimejiの基本的な入力機能は利用できます。
しかし、前半で述べたように、サードパーティ製のキーボードが、iPhoneやiPadなどの端末の保存領域にアクセスするためにフルアクセスをONにして貰う必要があるため、OFFの場合以下の機能はご利用いただけません。

  • クラウド超変換の変換機能
  • キーボード背景きせかえ
  • Simejiスタンプ機能
  • キータッチ音
  • Simejiユーザー辞書
  • キートップとアプリ本体メニュースイッチの連動

これからも安心してSimejiをお使いいただけるよう、チーム一丸となって努力いたします。

Last Update:2016.02.22
※掲載されている仕様や画像は現在の仕様とは異なる可能性があります。