【Simejiランキング 番外編】世界の顔文字TOP3

いつもSimejiをご利用いただきありがとうございます。
今回はSimejiランキング番外編として、世界の顔文字TOP3を発表します。
きせかえキーボードアプリSimejiと、グローバルキーボードアプリFacemoji Emoji Keyboard(フェイスモジ エモジ キーボード、以下Facemoji)を利用しているユーザー世界16か国を対象に2019年に各国で最も使われた顔文字をランキング化したものです。
Facemojiは世界で120を超える言語サポートと3,600種類以上の絵文字や顔文字に対応するグローバルキーボードアプリです。SimejiとFacemoji、2つのキーボードアプリ上で匿名化されたデータに基づき、2019年に世界16か国で最も多く使われた顔文字を集計しました。
世界の人たちがどんな顔文字を好んで使うのか、また、日本との違いを見てみましょう。

Simejiランキング番外編 世界の顔文字TOP3

「世界の顔文字TOP3」結果と傾向を見ていきましょう。

2019年世界で最も多く使われた顔文字は“肩をすくめる”ポーズ

“肩をすくめる”顔文字は、世界11か国で第1位を獲得しています。日本人の視点では、カタカナの「ツ」が真っ先に目に飛び込んでくるこの顔文字ですが、首を少し左に傾けて見ると、点を目、ノを口に見立てた表情で、両手のひらを上に掲げ“肩をすくめる”ポーズを表しています。「さあ」「わからない」「どうだろうね」といった意味で、様々なシーンで活用可能な汎用性の高い顔文字です。日本でのなじみは薄いポーズですが、各国の結果から、世界中で広く浸透していることがわかります。

これが世界で使われた顔文字ナンバーワンだ

コピペ用に置いておきますね。ぜひ使ってみてください!
¯\_(ツ)_/¯

肩をすくめるポーズの顔文字 ツが若干スマイルを表現している?

日本のTOP3は顔文字の原点(^^)(笑)m(_ _)m

日本では、漢字そのもので意味を表す(笑)や、笑顔(^^)、頭を下げるm(_ _)mなど、顔文字の原点とも言えるシンプルな顔文字が支持されています。

インドの第1位は「SORRY」、“謝罪”の顔文字

インドとイギリスの二か国では、TOP3内に「文字入り」の顔文字がランクインしました。顔文字と文字がセットで使われるのは世界全体の結果から見ても珍しく、この2種類のみとなりました。さらに、インドでは、キュートに「SORRY」という文字が入った“謝罪”の顔文字が第1位を獲得しています。
また、フランスではTOP3のうち2種類が目力のある顔文字のランクインです。泣き笑いのような表情と、何かを訴えているような表情が印象的です。

「愛」を表す顔文字は、世界各国で高い支持

各国で支持された顔文字に「ハート」を含む“愛”を表す顔文字が11か国にランクインしており、中でもトルコとメキシコではTOP3のうち2種類を「ハート」付き顔文字が占めていることから、日常的に愛を伝える文化が顔文字を通して読み取れます。

海外で使われる顔文字の多くは、=)やXDなど90度横に反転させて表情を表す形式が多いなか、日本では様々な記号や文字を組み合わせた自由度の高い顔文字が特徴的です。また、今回の「世界の顔文字TOP3」は、その国ならではの文化や習慣が反映された結果となりました。
今後もSimejiとFacemojiは、ユーザーの皆様へアプリを通してさらに豊かなコミュニケーションを提供してまいります。
次回のSimejiランキングもお楽しみに!

関連リンク

Simejiランキング特設サイト

Last Update:2020.01.24