【SimejiランキングVol.94】Z世代が選ぶ!! 「好きな音楽フェスTOP10」

関連リンク

Simejiランキング特設サイト

Z世代が選ぶ!! 「好きな音楽フェスTOP10」

※集計期間 2022/4/1~2022/4/8  有効回答数 10〜24歳 男女 507人

【Simejiチームの総評】

コロナ禍で中止せざるをえない状況が続いた音楽フェス。今年は少し制限も緩和され多くのフェスが復活、活気が戻りそうです!Z世代に好きな音楽フェスについて調査したところ、フェスの開催を待ち臨む声が多く集まりました。今年はフェス会場で音楽に包まれながら、おもいっきり夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※今年の開催状況については、各公式HPをご確認ください。

第1位 ROCK IN JAPAN FESTIVAL

日本最大級の動員数を誇る『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』が堂々の1位に輝きました!”ロッキン”の愛称で親しまれており、今年夏に5日間、場所を千葉市蘇我スポーツ公園に移しての開催が発表されました。2年ぶりの開催に、心躍るファンも多いのではないでしょうか。10万人収容可能な巨大ライブエリアが誕生し、今年はZ世代のアイコン的存在であるあいみょんやYOASOBI、Awesome City Club、BE:FIRSTなど話題のアーティストが続々登場!そして、関ジャニ∞や桑田佳祐など超豪華アーティストの出演も決定しました。アーティストが創り出す熱狂的な世界観に浸ってみてはいかがでしょう。

・公式HP https://rijfes.jp

第2位 FUJI ROCK FESTIVAL

日本のロック・フェスティバルの先駆け『FUJI ROCK FESTIVAL』が2位に登場。”フジロック”の愛称で親しまれており、日本のアーティストはもちろん、海外アーティストも多く参加するフェスとして注目を集め続けています。コロナ禍によるイベント開催に対する制限も緩和され、”いつものフジロック”が今から待ち遠しいですね。『Simejiランキング Z世代が選ぶ「好きなバンドTOP10」』で7位に輝いたマカロニえんぴつの出演も決定。会場である新潟県苗場スキー場では、キャンプを楽しむこともできます。緑溢れる大自然の中で開催されるフェスに魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

・公式HP https://www.fujirockfestival.com

第3位 JAPAN JAM

毎年GWに開催される大型音楽フェスティバル。今年も5月に5日間、千葉市蘇我スポーツ公園で開催され盛り上がりをみせました。JAPAN JAMの復活にたくさんのファンが待ち焦がれていたようです。Z世代にも人気のyama、優里、Vaundyも登場、トリは今年バンド結成25周年を迎える10-FEETが務め、会場を最高に湧かせました!

・公式HP https://japanjam.jp

第4位 SUMMER SONIC

毎年8月に東京(千葉)・大阪の2都市で開催されるロック・フェスティバル『SUMMER SONIC』。”サマソニ”の愛称で親しまれており、会場が東京はZOZOマリンスタジアムと幕張メッセ、大阪は舞洲SONIC PARKと比較的アクセスしやすい”都市型フェス”です。今年は、『Simejiランキング Z世代が選ぶ「好きなバンドTOP10」』にランクインしたONE OK ROCK、Mrs.GREEN APPLE、King GnuなどZ世代から絶大な人気を誇る有名アーティストが出演するほか、海外アーティストの出演も多数発表されました。様々な音楽ジャンルで来場者全員がワクワクするような真夏の祭典になりそうですね。

・公式HP https://www.summersonic.com

第5位 京都大作戦

地元京都を拠点として活動している3ピースバンド・10-FEETが主催している野外フェス『京都大作戦』。コロナ禍の影響により2020年・2021年は中止となりましたが、今年7月、2年ぶりに開催されることが発表され、歓喜しているファンも多いのではないでしょうか。バンド主催ならではの視点で創りあげられたフェスは、ほかとは違う独特な空気感を楽しむことができるようです。またその日限りの特別コラボや10-FEETと親しい音楽仲間のサプライズ登場があったり、先の読めない展開に胸が高鳴りますね。

・公式HP https://kyoto-daisakusen.kyoto/22/

第6位 日比谷音楽祭

クラウドファンディングや企業の協賛、助成金によって入場料や参加料が発生しない無料の音楽イベント『日比谷音楽祭』。音楽プロデューサーである亀田誠治が実行委員長を務め、「世代やジャンルや好みを超えてさまざまな音楽に出会える、誰に対しても開かれた場を作りたい。一人でも多くの人が音楽が持つ広がりと深さ、そして音楽の楽しみを知るきっかけになりたい」という熱い想いが込められた音楽祭。6月に東京・日比谷で開催され、Z世代の間で話題のボーイズグループBE:FIRSTの生みの親であるSKY-HIや、KREVA、DREAMS COME TRUEなどビッグアーティストが出演し話題になりました。3日間にわたり開催され約10万人動員、45組以上が出演し、220曲以上を披露されたそうです。

・公式HP https://hibiyamusicfes.jp/2022/

第7位 OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL

若手アーティストの出演も多い点が特徴の1つでもある『OSAKA GIGANTIC MUSIC FESTIVAL』。Z世代の心を掴んで離さない人気アーティストはもちろん、これからの活躍に期待の注目アーティストの音楽を楽しめるのは嬉しいですね!Z世代からも支持が集まるCreepy Nuts、DISH//、緑黄色社会や、2020年に結成されたばかりで人気急上昇中の若手ロックバンドねぐせ。などの出演が決定しており、若さ溢れるエネルギッシュなパフォーマンスで会場を盛り上げてくれそうです。

・公式HP http://giga-osaka.com

第8位 ビクターロック祭り

今年3月、3年ぶりに幕張メッセにて『ビクターロック祭り』が復活しました。レコード会社・ビクターエンターテイメントが、”ずっとロック、これからもロック”を合言葉に開催するお祭りです。会場にはビクターロックのシンボル犬のニッパーの巨大オブジェなどが設置されました。サカナクション、ORANGE RANGE、Dragon Ashなど計11のアーティストによる圧巻のステージと巧みな演出で会場を熱気の渦へと巻き込みました!

・公式HP http://www.rockmatsuri.com

第9位 ツタロックフェス

TSUTAYAが主催する『ツタロックフェス』は、2018年にスタートし、今年3月に幕張メッセにて3回目の開催となりました。昨年8月にリリースされMV再生回数4500万回を突破した楽曲『シンデレラボーイ』がSNSで注目され話題となったSaucy Dog、菅田将暉の新曲『惑う糸』の作詞作曲を担当したVaundyなど、Z世代から人気を集めるアーティストが多数出演し会場を盛り上げました!

・公式HP http://tsutaya.jp/tsutarockfes2022/

第10位 SWEET LOVE SHOWER

日本最大の音楽チャンネル『SPACE SHOWER TV』が企画・制作する音楽フェス。会場は山梨県の山中湖交流プラザ きららと、富士山を臨む絶好の景色が広がり自然の美しさに癒されながらフェスを楽しむことができそうです。2023年をもって解散することを発表したBiSH、2019年にリリースされTikTokを中心に話題となった楽曲『夜永唄』でZ世代から注目を集める、神はサイコロを振らないなど豪華アーティストの出演が決定。非日常的な空間で音楽とともに最高の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

・公式HP https://www.sweetloveshower.com/2022/

■Simejiランキングとは

Z世代のユーザーの皆様が持つ最新トレンドを積極的に発信し、たくさんの人に広めたい思いから始まったSimejiランキング。 Simejiアプリ上でアンケートを実施し、その調査結果をランキング化しました。

■日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」について

Z世代に大人気!5,000万ダウンロード数(※)を誇るキーボードアプリ。キーボードのきせかえやエフェクト機能に加え、顔文字入力、アスキーアート入力のようなユニークな入力キーボードで、きめ細やかな文字入力体験を提供します。
※2021年12月時点、当社調べ(Android版とiOS版の合算)

Last Update:2022.06.8