キーボードの種類

Simejiではフリックをはじめ、様々なタイプのキーボードで入力することができます。
[Simejiの設定]→[キーボード]→日本語・英語・数字の各キーボードの設定から入力しやすい方法をいつでも変更できます。

フリック入力

keyboardtype_01

キーを十字方向にスライドさせて入力する機能です。
[Simejiの設定]→[キーボード]→[フリックの詳細設定]で、フリックの判定幅や携帯入力を併用するかどうかの設定が変更可能です。

フリック入力(初心者向け)

keyboardtype_02

フリック入力操作に慣れない方向けに各方向にガイドを設けた初心者キーボードです。


ケータイ入力

keyboardtype_03

キーをタップして、キーが黒く押されている状態(トグル)の時に連続してタップを続けると、次の文字候補が出てくる方式です。
例えば「あ」を連続タップすると「い、う、え、お…」と切り替わります。


qwerty入力(フルキーボード入力)

keyboardtype_04

パソコンのキーボードと同じ配列でローマ字打ちで入力する方法です。
英語入力の場合は、上フリックで記号を入力することができます。


記号・数字キーー

keyboardtype_07

「123キー」をタップして数字と記号入力ができるキーボードを開きます。
キートップはテンキータイプとフルキーボードタイプの二種類選択できます。

拡張型の入力方法

以下の入力方法は[Simejiの設定]→[キーボード]→各キーボードの設定でのみ変更可能です。

ポケベル入力(日本語のみ)

keyboardtype_06

最初に「あかさたなはまやらわ」の子音を選択し、「あいうえお」の母音を押して確定する入力方法です。


拡張型フルキーボード

keyboardtype_05

フルキーボードの上に数字がついた拡張フルキーボードと、Azerty配列のキーボードを選択できます

Last Update:2015.06.29
※掲載されている仕様や画像は現在の仕様とは異なる可能性があります。