フリック入力方式の詳細設定

キーボードがフリック方式を選択した場合、フリック詳細設定で細かく指定することができます。

詳細設定画面

ケータイ入力を併用

たとえば、「ぬ」を打ちたい場合は、子音「な」のキーを三回タップすると入力するできる携帯入力方法と、フリックを同時に使用できるようにする設定です。

ポップアップを表示、長押しでポップアップ

Flickガイドのように、タップまたはフリックした時にそのキーで入力できる文字をポップアップで表示します。

フリックガイドを表示

ONにするとキーを押した時にフリックガイドを表示し、OFFにすると何も表示しません

フリック判定幅

フリックの感度(指をスライドさせる長さ)を設定します。
数値が低いほど、少しの移動操作で隠れているキーが入力されやすくなり、
数値が大きいほど、移動操作を大きくしないと入力されにくくなります。

フリックガイドのカラーを設定

キーをタップすると、十字の入力方向ガイドが表示されます。フリックカラー設定で、フリックガイドの色を変更することができます。

Last Update:2018.11.6