クラウド超変換を設定する

クラウド変換とは、クラウドサーバーへアクセスし、より豊富な変換候補を表示する機能の事です。
クラウド変換をONにすると、新語・流行語等を素早く変換することや、通常よりも多くの顔文字を利用する事ができます。

setup_v6_7_06

これまでのバージョンでは、クラウド変換をOFFにするとクラウドサーバーへアクセスしないため
人気のある顔文字やおもしろ変換を利用することができませんでしたが、Simeji6.7より
拡張辞書としてクラウド変換で人気のある顔文字をピックアップし、Simeji本体へ搭載しました。
クラウド変換がONの状態よりは種類が少なくなりますが、クラウド変換がOFFの状態でも「くそねみ」や「ねこ」などの人気のある顔文字やおもしろ変換は通信することなく常時ご利用いただけるようになります。

拡張辞書を使う(Simeji 7.0〜)

クラウド変換設定がONの場合でも、半角英数字や記号は送受信されません。また、取得した入力語から個人を特定するような文脈を形作る目的の解析は一切いたしません。ご安心ください。

クラウド超変換を設定する

cloud_input_s_v7_01

[Simejiの設定]→[辞書/変換]をタップし、「共通変換設定」内の「クラウド超変換」をタップします。

cloud_input_s_v7_02

③の部分をタップし、Simejiの設定を閉じてください


旧バージョン(Simeji6.7〜6.8)をご利用の方

cloud_input_s

[Simejiの設定]→[【1】クラウド超変換]をタップしクラウド超変換設定を開きます。
【2】の部分にチェックを入れるとクラウド変換を利用します。

クラウド変換のON/OFF状態を確認するには、
[Simejiの設定]→[クラウド超変換]をタップするか、予測変換欄の一番最後に雲マークが表示されているかどうかで確認することができます。

Last Update:2016.02.24
※掲載されている仕様や画像は現在の仕様とは異なる可能性があります。