Simejiの初期設定をする(Simeji android版)

Simejiを端末へインストール後、端末のホーム画面上にSimejiアイコンが作成されます。
初めてSimejiを起動する場合は、設定ガイドが起動しますので、ガイドに従って設定を進めることでSimejiを利用するための基本的な設定を行います。
初期設定後以降はきせかえや、キーボードの詳細設定などの設定画面が起動するようになります。

【Step 1】Simejiアプリを起動

1stset_simeji_and_01

Simejiをご利用になる場合は「同意して利用する」をタップします。
※ユーザーの利用統計は、Simejiの入力精度の品質向上にご協力いただける方はチェックをお願いします。
利用統計についてはこちら

【Step 2】Simejiを有効にする

1stset_simeji_and_02

「Simejiを有効にする」をタップし、言語と文字入力設定一覧から「Simeji」を探してタップします。
※「言語と文字入力設定」でSimejiを選択した際に表示される注意画面で、パスワード以外の個人データ、クレジットカード番号を収集する可能性があると表示していますが、Simejiだけでなく、ご利用の端末に標準搭載されているキーボード以外を選択する際に、Android OSより表示される共通の注意書きです。
Simejiではそのような情報は取得しておりません。

【Step 3】Simejiを選ぶ

1stset_simeji_and_03

「Simejiを選ぶ」をタップし、入力方法選択内から「Simeji」を選択してください。

常用拡張辞書とは

Simejiは新語や流行語などの変換候補はクラウド超変換を通じて変換候補を表示しますが、常用拡張辞書はよく使いそうな変換候補を任意で端末に追加できる辞書です。常用拡張辞書は後から設定可能です。チェックをいれておくとバックグラウンドで常用拡張辞書のダウンロードを開始します。

以上でSimejiを使う簡易的な設定は終了です。
Twitterアプリやメモアプリなどを起動し、入力エリアを選択した際にSimejiのキーボードが表示されます。
自分ごのみの設定を細かく調整したい場合は、Simejiの使い方の各項目をご覧ください

Simejiの使い方へ

Last Update:2017.05.8