Simejiの使い方 – 基本操作編

基本操作編(Android)

    1. インストールと準備
    2. Simejiを有効にする
    3. 基本操作

1.インストールと準備

Google Playで「Simeji」を検索し、インストールしてください。インストールしたら「開く」をタップします。
Google PlayでSimejiを検索


2.Simejiを有効にする

Simejiアプリを開くと設定が始まります。「Simejiを有効にする」をタップしてください。

Simejiを有効にする

Androidの(設定→言語と入力→仮想キーボード→キーボードを管理)が起動します。SimejiのスイッチをONにしてください。

ONにするとポップアップする警告文はSimeji特有の内容ではなく、AndroidのシステムがGoogle製以外のサードパーティキーボードすべてで表示するものです。これを表示されるからといって、Simejiが無断なくユーザの個人情報や入力内容を収集、利用するわけではありませんのでご安心ください。

Androidの注意表示次に「Simejiを選ぶ」をタップします。

Simejiを選ぶをタップ

「キーボードの変更」ポップアップから「Simeji」を選んでください。

キーボードの変更

好みのキーボードタイプを選択して設定完了です。

設定完了

他のキーボードに切り替えたいときは、キーボードを起動しているときに出てくる入力切り替えボタンを押すといつでも切り替えられます。

他のキーボードに切り替える


3.基本操作

キートップの「Simejiアイコン」をタップして、キーボード高さ調整や翻訳機能などいろいろな設定にすぐアクセスできます。

いろいろな設定にアクセス

「絵文字」アイコンをタップして、絵文字パレットを起動します。

絵文字パレットにアクセス

「音声」アイコンをタップして音声入力を起動します。フリック入力が苦手でも声で文字が打てます。入力した内容に合わせて絵文字や顔文字が予測候補におすすめされます。

音声入力

Last Update:2018.05.25