< ホーム

入力操作について


1.キーボード上のキノコアイコン(簡易設定)から[Simejiアシスタント]をONにする
2.「LINE」または「Twitter」でSimejiキーボードを起動する
3.文字を入力し、確定する
4.キーボード右上のアシスタントアイコンをタップしてスタンプを表示する
5.目的のスタンプを一覧から選択する

翻訳機能、片手モードがONの場合、 スタンプ超変換は利用できません。


Android版LINEに画像をペーストする際の仕様です。


【iOS】
1.キーボード上のキノコアイコン(簡易設定)から[設定]をタップする
2.その他の設定をタップする
3.検索補助をタップする
4.すべてのサジェストをOFFにする


定型文につきましては、ご利用状況により定期的に変更をしております。
またこちらはお客様の設定によって戻したり、変更することができない機能となっております。
ご要望により次回以降のアップデートで入れ替えなども行ってまいりますので、お待ち頂けますと幸いです。


キーボードがテンキーモードの際、空白キー(Androidはスペースキー)を左フリックする


キーボード上のキノコアイコン(簡易設定)から[フリックのみ]をタップする


アプリストアでSimejiを最新バージョンにアップデートしてください。
上記の手順で解決されない場合は、以下の手順をお試しください。

【(iOS)Simejiのバージョンが最新の場合】
1.SimejiのフルアクセスをONにしてください
※「iOSの設定→一般→キーボード→キーボード→Simeji→フルアクセスを許可」の手順で行います

2.端末の設定のキーボードからSimejiを削除後、再度追加してください
※「iOSの設定→一般→キーボード→キーボード→Simejiを左フリック→削除→新しいキーボードを追加→Simeji」の手順で行います

Simejiの削除、再インストールで改善する場合もあります。その場合以下の項目が初期化、消去されます。
– 期間限定のきせかえ
– ポイント
– ユーザー辞書
– 学習履歴


【iOS】
キーボードの高さのみ調整することはできません。片手モード適用時にデフォルトよりやや低くなります。キーボード上のキノコアイコン(簡易設定)を開き[片手モード]をタップします。

【Android】
キーボード上のキノコアイコン(簡易設定)から
[キーボード高さ]を選択して高さを調整する
[片手入力]を選択してデフォルトよりやや低くする
[全画面ディスプレイ最適化]を選択してデフォルトよりやや高くする


iOSでフリックパーツを非表示にすることはできません。

Androidは
1.キーボード上のキノコアイコン(簡易設定)から[設定]をタップする
2.キーボード設定をタップする
3.フリックガイドを表示をOFFにする
で非表示になります。


1.iOSの[設定]を開く
2.[一般]をタップ
3.[キーボード]をタップ
4.[音声入力]のチェックをOFFにする
5.ポップアップの内容を確認し、音声入力を無効にする


横持ち、横画面時に翻訳機能は使用できません。


予測変換候補の語句を長押しして学習リセットをタップする


1.マナーモードを解除
2.キーボード上のキノコアイコン(簡易設定)から[キー音]を選択
3.キータッチ音スイッチをONにする

【iOS】
4.キー音設定内のスライダーで音量調節する

【Android】
4.Androidのシステム音量調節機能で調節する